上手な選び方|タイヤを新品にして楽しく走行|カーライフをもっと充実させる
作業員
  1. ホーム
  2. 上手な選び方

上手な選び方

カーナビゲーション

自身の車に合うカーナビを探す時は、空きスペースの1DINか2DINに注目しましょう。モニターの取り付けも、今後問題になりますがカーナビ選びに失敗しなければそこまで心配する必要はありません。最初に判断すべきことは、スタイルです。車のインパネはそれぞれ形状が異なるため、機種によって合う合わないは当然出てくるものです。近年のカーナビはできるだけ多くの車に取り付けられるよう2DINタイプやインダッシュタイプ、オンダッシュタイプ、ポータブルタイプが用意されています。この中から、マイカーに合った製品を選び、取り付けをしていきます。この中で最も人気があるタイプは2DINで、性能がかなり上がっているカーナビになります。魅力的なのはAV機能が一体化している点でしょうか。AVのセンターユニットを組むことができて、とても使い勝手がよくなっています。一方、インダッシュタイプは1DINのスペース内にモニターを付けられるのが最大の特徴となっています。このタイプだとスペースがなくても追加できるメリットがあるため、2DINに並ぶ人気を誇っています。オンダッシュタイプにおいては、オーディオスペースとは別に装着するというもので、取り付けをする場所は基本的に決まっていません。しかし視界に入ってくる場所に設置をすると影響が出てしまうため、取り付ける位置には十分気を付けなければいけません。

最新のカーナビは形状もかっこよくなっていてとても魅力があります。しかし、HDDやメモリーにも気を付けましょう。近年のカーナビはほとんどが大容量謳っており地図情報もかなり詰まっています。それも立体感を出すものも登場しており、より見やすくなっています。こうした見やすい地図はフラッシュメモリーが管理しています。このフラッシュメモリーは8GBあれば十分と判断できるため、DVDナビも問題なくデータを保存することができます。これらを意識したカーナビ選びをしていけば、失敗せずに済むでしょう。