車の点検にかかる費用|タイヤを新品にして楽しく走行|カーライフをもっと充実させる
作業員
  1. ホーム
  2. 車の点検にかかる費用

車の点検にかかる費用

複数の車

車検の費用は、24か月の整備検査代と重量税、自賠責保険料、印紙代が含まれており、これらを車検基本料と法廷費用とします。これが車検費用に結びつくわけですが、受ける場所によって高くなる時とならない時があります。この場合だと、オイル交換やタイヤ交換、ほかの部品に不調が見つかった時の修理代が加算された時は、予算オーバーになることもあります。この費用をなるべく抑えたいのなら、日ごろから整備を徹底して行なうことです。例えば、オイル交換は車検前に済ませておいたり、タイヤも安く仕入れて取り付けをしたりなど、このような取り組みをすることで、車検にかかる費用を削減することができます。

車検の相場ですが、ディーラー車検だと法廷費用を含め、4万円から10万円が目安になります。一方、車検を専門にする場所だと一番安い時で2万円ととてもリーズナブルになっています。しかし、あちこちに不具合が見つかった際は8万円の車検料を支払わなければいけません。カー用品専門店はタイヤの交換や自動車整備も同時に行なうなんでも屋で、こちらも法定費用プラス2万円の車検料で済ませられます。仮に直すところが多くても最高で6万円と他の専門店より良心的な値段設定になっています。なお、ユーザー保険の場合は、法定費用がプラスされるものの、車検料金は実質ゼロ円になりますが、時間と手間を考えるとあまり現実的ではありません。車検代行に任せれば3万円で済ませられる可能性もありますから、負担と感じた場合に利用しましょう。